ドイツ・ハンガリー  カレンダークロス

もう少しで 2014年!

何が変わるわけでもないのですが 年越しってワクワクしますね(笑)

 

昔 実際に使われていたものには なんだか 今のものにはない魅力を感じます
使っていた人のことを想像したり 初めて目にする文字体だったりに ワクワクします

 

今回は 年越しのワクワクつながりで(笑)

ドイツ・ハンガリーで使われていた 布のカレンダーをご紹介します♪

こちらは ハンガリーのカレンダー

1985年のものです

デザインも素敵ですが 色使いが とても素敵です

カレンダー部分は 日本と違って 日付が縦に並んでいます!

おもしろいですね

 

そして こちらには『HAND PRINTED』の文字が。

手刷りの カレンダークロスということですね

なんだか 工程を考えると ワクワクします(わたしだけですか???)

 

●OverFlow  1985年 ハンガリー カレンダークロス thanks sold

こちらも ハンガリーの1975年のものです

 

時計のモチーフで ハンガリーの首都 ブダペストの
『BUDAPRINT』という 印刷会社のもののようです

 

こちらも色使いがかわいいですね

 

●OverFlow 1975年 ハンガリー カレンダークロス  thanks sold

 

最後は 1981年 ドイツのものです

テキスタイル・ドレス工場。。。などと書かれているので

布地や織物の会社のもののようですね

 

花のプリントが細かくてきれいです

 

●OverFlow 1981年 ドイツ カレンダークロス  thanks sold

 

 

 

 

そういえば 日本のものでも ジャガード織のカレンダーなどを見たことがあります

それもたしか 繊維関係の会社が作ったものでした

年末年始には こういったものがたくさん出回っていた時代があったのでしょうか?

紙のカレンダーは便利ですが 布のカレンダーには味がありますね

 

カレンダーの用途として使うには 日にちがずれていて使いにくいので

生まれた年のものを 飾るという場合が多いのですが

柄やデザインで選んで 何か小物に作り直してもいいと思います

日付の部分と プリントの部分のイメージがずいぶん変わるので おもしろそうですね

 

(ちょうど日にちが巡って 来年使えるものは  1975年と1997年のもので

 計3枚ありました(笑))

 

壁に飾って 昔 誰かが同じように見上げていたんだなぁ。。。

と思うだけで なんだか ワクワクします

 

自分の生まれ年のものは なんだか気になりますね!

ご紹介した以外の柄も入荷していますよ